【FX】大きな波に逆らわない

FX
関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ぽけーっとしているとき、最高に幸せ。 仕事でも家族でもない、1人でぽけー。 晴れで[…]

大きな波には絶対に従う。

大きな波=大きなトレンドです。

5分足<15分足<30分足<1時間足<4時間足<日足<週足<月足

毎日のトレードで見るチャートがいつも30分足ばかりになっていると1時間足以上のチャートでサポートライン、レジスタンスラインが効いていることに気づかずに大損失してしまうことは多々あります。

トレードの収支を安定的にプラスしていくためには環境認識を毎回整える必要があります。

環境認識をすばやく整える手段として、日ごろから扱うペア通貨を絞ることをおすすめします。

例えば日本で聞き覚えのあるドル円1本でトレードするというルールを決めたとしましょう。

毎日ドル円のみでトレードするので、ドル円のチャートに見慣れてきます。

チャートを開かずに記憶したチャートをノートに引けるようになるまでなると環境認識が整っていると言い切れるでしょう。

ここまで環境が把握できると大きくロットを張ってトレードすべきタイミングとそうでないタイミングが理解できるようになってきます。

月足チャートでレジスタンスラインに接した瞬間は普段のレバレッジよりも大きめに張っても根拠が強いので自信をもって勝負できますよね。

また、月足レベルのレジスタンスラインでのエントリーに成功すれば、損切りラインもかなり近い場所に配置できます。抵抗線の強さがしっかりしているからです。

今まさにポンド円がその月足レベルでのレジスタンスラインにぶつかっている瞬間ですよね。

上昇トレンドのレジスタンスラインにタッチしてどうなるかというところです。

僕は数枚ショートでエントリーしています。

日足チャートレベルでの上昇トレンドが月足チャートレベルのレジスタンスラインにタッチしたということで、日足に対しては逆張りですが、反転を狙うのであれば有効です。

もちろん、資金余力はしっかり担保しましょう。

無理のない資金管理が資産形成するのに絶対必要です。

それでは、今回はこの辺で!

ばいばーい!

おすすめのFX業者(DMMFX)

DMMFXをおすすめします。日本で親しみのあるドル円ペアのスプレッドが狭く非常にトレードしやすく、何よりトレード画面の操作性が優れている点が最高です。

 
まこ
今なら2万円キャッシュバックキャンペーン中!「よし、俺/私もFXやるぞ」となった場合におすすめします。画像をタップすれば登録画面に移動します。一緒にトレードできる仲間を募集します。FXの大海原を旅しましょう。

 
にゃす
今後もmako777.jpをよろしくお願いいたします。お気に入り追加登録&応援よろしくお願いします!






最新情報をチェックしよう!