たらればの極意(FX独自スタイル確立)

FX

 
まこ
まこです。最近トレードしていて固定概念に囚われている自分に気づきました。負けが続いているような成果ならなおさら今の固定概念に囚われている必要なんてないのでは?

今回はFXトレードにおける『たられば』の効果的な活用方法を紹介します。無駄だと思える『たられば』をうまく活用し勝ちトレードを積み重ねよう。本記事では『たられば活用法』を5項目にまとめました。

①たらればオッケー

②『たられば』のメリットにフォーカスする

③会社員の『たられば』はマイナス、トレードの『たられば』はプラス

④FXにおける『たられば』は自己分析に有効

⑤社会人経験で常識をハズす優位性を学習。トレーダーは今こそリミッターを外すべし!

さっそく本題に進みましょう。

①たらればオッケー

たらればって言うだけ無駄なんですよね。

たらればしたって何も変わらないから。

ただ、自分の場合はもっと『抜け感』を作った方が良さそう。

➡︎『あぴゃー!目線合ってたのに連続トレードで損出してトントン!連続トレードマジでダメじゃんやらなきゃよかった〜(萎)』

みたいな。

実際にやらなきゃよかった結果だし、やってしまった事実があります。

ここで思うわけ、『やらなきゃよかった』を明日も明後日も繰り返すんだろうと。。。

➡︎ダメじゃん!

ダメだよね。

でも明日もやっちゃうよ?

明後日もやっちゃうよ?

➡︎なぜ繰り返してしまう?

今まで自分が作っていた固定概念が『たらればを言わない、許さない』と決めていたからなのでは?

自分が負けトレードを重ねているのであれば根本的な部分から変えていかなければダメです。

②『たられば』のメリットにフォーカスする

であれば、たらればもオッケーだと思うんです。

逆にたらればのメリットにフォーカスしてみます。

『●●しなければ勝ってた』

『◆◆してれば損失回避できた』

いいですね、しっかりたらればしてる。

で、たらればすると何が起きるでしょう?

➡︎脳に失敗を言葉で刷り込めますね!反復です。

失敗パターンを脳みそに叩き込むんですよ。

成功パターンも脳みそに叩き込むんです。

③会社員の『たられば』はマイナス、トレードの『たられば』はプラス

『たらればたらればしてるとダメでしょ!』

『たらればたらればしてても生産性はありません!』

たしかにそうだと思える瞬間ってチームプレーをしている時です。

あとはやる気がない人を奮起させるために叱る口実として使う言葉でもありますよね。

会社員として働いている時は確かにたらればは他人の作業に支障をきたしてしまいます。

会社員だからこそ、そう、多くの日本人が会社員だからこそ『たらればは悪としてみなされる』んですね。

『FXにおいてはたらればは悪ではない、むしろ改良過程で必要な行為』です。

ほら、会社員してて1人残業してるときに独り言いいますよね?『なるほど、こうすればもっと良くなる、あれは無駄だったんだよなー!』的な大きな声な独り言。あれです。

頭を整理できます。

④FXにおける『たられば』は自己分析に有効

自分1人の決断で利益が出るか損失を被るかが決まってしまうのがFXです。つまり周りの他人の動向なんて正直どうでもいいと言う事。

であればですよ、『たられば』は自己分析に有効ですよね。

なぜ『たられば』が嫌われるのか、それは他人の行動を制約してしまいチームプレーの最大公約数の力を発揮できなくなるからです。

つまり、単独プレイのFXトレーダーに関してはそのデメリットは皆無だと言う事になります。

もちろん、自立していない大人に関してはです。『たられば』をつぶやいてしまったがためにやる気を削いでしまうプレーヤーに関してはその域に達していないだけの話。

『たられば』は上級者向きの戦術ともいえるでしょう。否、本気でトレーダーを目指す人間にとっても潤滑油、エンジン、ガソリンになり得るでしょう。

『たられば』が良くないことと初めから割りってしまうのは非常にもったいないことです。やる気のある人間にとって『たられば』の力を利用してネクストステージに進む戦略は大アリ。

疲れるものは使う、これ鉄則。

『普通』という感覚を維持し続けることもセンスなし。その『普通』を守ってトレードで負けているならさっさと捨ててしまえというのが僕の考えです。

⑤社会人経験で常識をハズす優位性を学習。トレーダーは今こそリミッターを外すべし!

常識は一般大衆の多数意見だと言うことに気づくべきです。その一般大衆は何をしているか、会社員をしてます。

サラリーマンをするために不必要な感覚なだけであって、トレーダーの頭を整理するために必要な感覚ではあるのではないか?これが僕が現時点で到達している結論です。

簡単に言ってしまえば我慢するなってことですかね。負けたときに『うわぁー!』と吠えてもいいじゃない、『あれしとけば良かったじゃん!』と嘆いてもいいじゃない。

リミッター解除が一皮剥けるための条件なのかもしれません。ルール通りトレードしててもなかなかカチッとハマらないんですよ、マイルールを早々に決めるべき。

その、マイルールに『たられば推奨』が組み込まれてても全く問題なしということですね、はい。

昔からナンパ師のブログとか見てるんですが、固定概念こそ自分の行動を制約する悪だと必至に脱却している様子を見るんです。

トレードも全く同じ話ですね。

だってルール通りトレードしてて成果出てないし。何が悪いかって、成果が出てないことが悪いんじゃないの?

もっとシンプルに物事を捉える柔軟性こそ負けてるトレーダーに必要な要素なのだと思います。

何度も言いますが、吠えたっていいじゃない、暴言吐いたっていいじゃない、勝てさえすればそれで良いじゃない。

勝ち始めてから態度を改めれば良いじゃない。

もっと価値に貪欲になろう。

程を整えててもいいことないよ。

幸せを勝ちトレードで掴もう。

話はそれからだ。

最新情報をチェックしよう!