【FX】ユーロポンドのロングポジション損切り

FX

パチンコで天井までもう少しだ!と思って打ち始めたらデータカウンター表示の見方間違えてたみたいな気分です。。。

残念ながらユーロポンドのロングは損切りしておきます、はい。

損切り理由は2つ

1つ目はユーロポンドの日足チャートのローソク足。

ここ数日間で上髭をつけたローソク足が3つできました。

日足レベルの上昇トレンドになるよう望んでロングエントリーしていましたが、ここから再下落の可能性も示してきたので気持ち悪さが先行しています。

もっとバゴーンと反転すると思ってたんですよね。

なんかイメージと違う。

もう少し下落したところからロングを打つのはありかなと思いますが、今回のエントリーポジションは0.892だったので損の抱え具合を考慮してヤメです。もう少し下がってきたら狙うかも。

2つ目は通貨強弱を見ると別通貨ポンドが強いということです。

もしかしたら今回狙っていた転換タイミングさえも飲み込んで大きな波を作るのでは?と思えてきたんですね。

もちろん狙っていたユーロポンドチャートが上に跳ね返される確率は高そうではあるんですが、それにしてもポンドが強いなという印象なんです。

以上2つの理由より、即、損切りしました。

今回の失敗は何か?

もっと短期足チャートで反転材料をみつけるべきでした。

短期足のローソク足で反転を確認する前にロング打っちゃったんですよ。あれは良くなかったです。

チャートの反転を示すアウトサイドバーについてはこちらを確認してください。参考になるので。

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); https://youtu.be/AqyWGNeYfMQ 素晴らしく学びが多[…]

日足レベルで反転タイミングを見つけられたのは良かったんですけどね、詰めが甘かったです。

ロングに転じる反発材料は用意してトレードしましたが、短期ローソク足でさらなる武器を用意しておくべきでした。燃料の数が少な過ぎましたね。

思うように値動きしてくれない時は辛いですね〜。

次のトレードに生かそうと思います。

まとめ

こういう負け方をしてしまうと、トレードするチャートへひとつに絞った方が良さそうだなとか思うんですよねぇ。

はい、「隣の芝は青い」現象です。

すぐこれなるからな〜。

まぁ、これを言い始めると無限ループになっちゃうので無意味なんだけどね。

気持ち切り替えていきますかね!

またチャンスを探そっと!

最新情報をチェックしよう!