【FX】インサイドバー(はらみ足)の見つけ方【プライスアクション】

FX

 
まこ
まこです。今回はインサイドバーを分かりやすく解説します。

前回説明したアウトサイドバーはこちら↓

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); https://youtu.be/AqyWGNeYfMQ 素晴らしく学びが多[…]

インサイドバーとは、チャートの反転の示唆を示すローソク足の形(プライスアクション)です。

インサイドバーを理解すると「トレンドが反転するかも⁈」をMACDやRSIなどのテクニカル分析より早く察知できるようになります。

またプライスアクションとテクニカル分析の掛け合わせでエントリー根拠の強いポジションを持つことも可能になるので理解しておいた方がお得!

人よりも早いエントリーが可能になるので損小利大を実現しやすくなりますよ!

ではさっそく説明していきますね。

インサイドバーの定義

上の画像を見るとおり、インサイドバーは2本のローソク足から作られる形です。インサイドバーを形成して上昇、下降しているチャートをピックアップしてみました。

以下の2つを満たしているローソク足の組合せがインサイドバーと呼ばれます。

  • 一本目のローソク足の高値と安値に対して、二本目のローソク足の高値と安値が完全に収まっていること。
  • 一本目の実体部分に対して、二本目のローソク足の実体部分が完全に収まって終えていること。

画像の黄色枠で囲まれたピンクと緑のローソク足2つを見てみましょう。

緑のローソク足がピンクのローソク足よりも値が縮小(高値と安値が完全に収まっている)してますよね。

さらに緑のローソク足の実体(髭じゃない部分)がピンクのローソク足の実体(髭じゃない部分)に収まっています。

この形をインサイドバーと呼びます。

インサイドバーはトレンド転換の示唆

インサイドバー形成後にチャートはどうなっているでしょうか?

➡︎トレンド反転していますね。

1個目のインサイドバーまでは下降トレンドで進んでいましたが、インサイドバー形成で上昇トレンドになっています。

2個目のインサイドバーは上昇トレンドが下降トレンドに切り替わっています。

注意点

インサイドバーはトレンド転換の示唆として機能します。

トレンド転換が確定したローソク足の形ではないので注意してください。

反面、アウトサイドバーはトレンド転換が確定したローソク足の形です。

つまりインサイドバーはアウトサイドバーの劣化版みたいな感じで捉えておくと良いです。

アウトサイドバーが形成される直前にインサイドバーが形成されることが多いので、「そろそろアウトサイドバーできるかな?」とチャートを眺め始めるきっかけになりえます。

これを理解しておくだけでもアウトサイドバーの形成タイミングが把握しやすくなるので楽になります。

うまく使って自分のトレードを楽にしていきましょう!

アウトサイドバーの説明をもう一度貼っておきます。どっちも知っておくと超楽になります。

おすすめのFX業者(DMMFX)

DMMFXをおすすめします。日本で親しみのあるドル円ペアのスプレッドが狭く非常にトレードしやすく、何よりトレード画面の操作性が優れている点が最高です。

 
まこ
今なら2万円キャッシュバックキャンペーン中!「よし、俺/私もFXやるぞ」となった場合におすすめします。画像をタップすれば登録画面に移動します。一緒にトレードできる仲間を募集します。FXの大海原を旅しましょう。

 
にゃす
今後もmako777.jpをよろしくお願いいたします。お気に入り追加登録&応援よろしくお願いします!

最新情報をチェックしよう!