【FXチャート解説】初心者でも分かるポンド円の勝率UPトレードタイミング(2月1日)

FX

 
まこ
2月1日からポンド円で勝負するためのチャート解説、予想をしました。

波に乗って負けないトレードを積み重ねましょう!

それでは、日足チャートから順に説明します。

日足チャート解説

青線で示している通り、日足レベルで上昇トレンド継続中です。

押し安値は124.04、

戻り高値は144.831にあります(赤線)。

押し安値の144.831を切り下げない限り買い目線で問題なしです。

一旦は戻り高値の144.831を目指す流れで捉えておきましょう。

4時間足チャート解説

4時間足に目線を落とした場合も上昇トレンドです。

4時間足レベルでの

押し安値は133.049(緑線)です。

この押し安値を切り下げてこない限り上昇トレンド目線で良いと思います。

戻り高値は142.583(緑線)ですが、この戻り高値を上抜いてきたのでさらなる上昇が期待できます。

次のエントリータイミングを探るためにもう少し細かく図解してみましょう。

4時間足レベルでのミクロな押し安値としては141.283(蛍光青線)が注目されると思うので、ここを開始点としてエリオット波動をカウントしてみます。

その場合、今の値動きは第3波後の4波目を形成中のようです。

4波で一旦下落を見せるので、5波目の上昇タイミングを狙ってロングエントリーするのが良いでしょう。

4波目をどこでロングするかは、ミクロレベルの押し安値141.283から3波までフィボナッチリトレースメントをあてて確認できる0.5、または0.382戻しまで引きつけてエントリーするのが良さそうです。

さらにエントリー精度を上げるために1時間足チャートも確認してみましょう。

1時間足チャート解説

青線は4時間足のエリオット波動をそのまま1時間足チャートに反映させています。

注目して欲しいのは黄色線のエリオット波動。

これが1時間足チャートで描けるエリオット波動です。

今推進波の5波が修理して、修正波が起きている状態です(修正波は本来abcで示すのですが、5波で描きました。200MAに向かって下落している5波が修正波です)。

この修正波が4時間足レベルのエリオット波動4波目となることが濃厚なので、1時間足チャートでトレンド転換を示す逆三尊が作られてからロングエントリーするのご良いと思います。

逆三尊が作られそうな場所は200MAの黒線にタッチする、もしくはもう少し上で自然に形成されるかでしょう。

1時間足チャートでは一旦下降トレンドを形成していきそうなので、しっかりこの逆三尊を実体で確定させた後にロングエントリーしましょう。

利確目標値は144.5

損切り値は141.20

といったところでしょうか。

リスクリワードは1:2は欲しいので、エントリータイミングは142.30から勝負したいですね。

200MA付近で反発して逆三尊の底値が作られると仮定した場合、エントリータイミングは142.60くらいになりそうなんです。

つまりリスクリワードの観点からするとあまり旨味はないことになります。

しかし、上昇の勢いはかなり強い環境です。

ロングで入る強さがチャートにあることを担保にエントリーは可能だと思います。

その場合、リスクリワードの観点から、エントリー後含み益が出たら建値にストップを移動させるのが良いでしょう。

200MA付近で反発しなかった場合はそのまま下落していく可能性があるのでロングエントリーするポジションをもう一度練り直しするのが良さそうです。

以上、【FXチャート解説】初心者でも分かるポンド円の勝率UPトレードタイミングでした。

おすすめのFX業者(DMMFX)

DMMFXをおすすめします。日本で親しみのあるドル円ペアのスプレッドが狭く非常にトレードしやすく、何よりトレード画面の操作性が優れている点が最高です。

 
まこ
今なら2万円キャッシュバックキャンペーン中!「よし、俺/私もFXやるぞ」となった場合におすすめします。画像をタップすれば登録画面に移動します。一緒にトレードできる仲間を募集します。FXの大海原を旅しましょう。

 
にゃす
今後もmako777.jpをよろしくお願いいたします。お気に入り追加登録&応援よろしくお願いします!

【結果発表】その後の動き(2月1日23時ごろ)

下落を想定した黄色線とオレンジ線のように下落しませんでしたね。

黒線のように上昇しています。

1時間足のエリオット波動のカウントを刻み過ぎていたかもしれません。

今、絶賛調整の下落の動きを見せています。

この調整の下落でダブルトップを形成しそうな感じですね。

今後の2月2日の予想は別記事にてまとめますので、またそちらもチェックしてみてくださいね。

それでは!

最新情報をチェックしよう!